金利を比較するときのポイント

キャッシングをする時に、各カードローン会社を比較するポイントとして重要なのは上限金利です。
カードローン会社はそれぞれ下限金利と上限金利を公表していますが、審査を終えて契約した時に一番最初に適用されるのは上限金利です。
下限金利の低さについつい惹かれがちですが、下限金利が適用されるとしたら返済実績があって尚且つ高収入で限度額1000万超えるなどの高い返済能力が認められている場合です。
カードローンの金利は融資額と連動している変動制なので、融資額が高ければ金利は低くくなり、融資額が低ければ金利は高くなります。
金融会社には、消費者金融・信販・銀行と3つに分類されますが、金利差にはそれぞれ開きがあります。
一般的に消費者金融の上限金利は18%、平均15%を超えない銀行カードローンは低金利だと言われています。
低金利でのキャッシングを希望するなら、銀行カードローンを選ぶことが一番でしょう。
銀行カードローンで適用された金利よりもう少し金利を下げたい時には、単純に追加融資以外にもいくつか方法があります。
大手の銀行によっては、指定の銀行口座を持っていれば年0.5%引き下げ、住宅ローンを組む際に利用することで年0.5%金利を引き下げることができます。
各社条件が異なりますので、単純金利だけでなく、銀行ならではのサービスにも着目することが金利を抑える方法です。
当然の如く、返済期間が長いほど利息額を支払う回数は多くなるので、毎月の定額返済+余裕のある時は少し多めの支払いをするなどの繰上返済をおすすめします。
金利を抑えるには返済期間と返済回数を短気化することが一番の方法だと言えます。
金利を抑える方法として、ローンの借り換えがあります。
今契約しているローン会社よりも金利の安い他社に借り換えすることによって利息額を抑えることができます。
しかし、ここで注意すべきデメリットは、場合によっては借り換え前の元々契約していたローン会社から以後借り入れを申し込めない可能性があるということです。
元々貸付していたローン会社からしてみれば、借り換えされることは気分のいいものではないので、その会社で評価が下がることで借りにくくなると考えられます。

金利を抑えることは、キャッシングをする上では確かに重要なことですが、メリットの他にもデメリットも存在することを念頭に置かなければいけませんね。

 

専業主婦でも即日借りれる大手消費者金融
サイトタイトル:専業主婦カードローンMrs.|内緒で借入OK厳選安心カードローン
http://www.absalompress.com/

 

各カードローン会社の金利はこちらのサイトで比較されています。
総返済額を抑えてキャッシングしたい方必見です。